刺激に弱い敏感肌には優しいファンデーション|その勢いが続く

女の人

使用の仕方

パウダーファンデーション

長持ちさせる工夫

クッションファンデーションを付けると、透明感のある肌になれると評判は高くなっています。馴染みも良く付け方も簡単ですので、ムラになってしまうことも殆んどありません。そんなキレイな肌の状態を長時間キープしておくためには、付けた後に手で押さえてあげると良いのです。このとき、手の平が十分に乾いている状態で行うのがポイントです。力を入れずに優しく肌を押さえてあげることで、しっかりと肌に馴染んでより崩れにくくなります。できれば手の温度は、触ってみて少々冷たいと感じる程度が良いでしょう。もともとクッションファンデーションは化粧崩れを起こしにくいものではありますが、こうすることによってより長持ちさせることができるのです。

なぜ人気があるのか

クッションファンデーションは、とにかくその優れたカバー力が魅力です。厚塗りせずともシミやソバカスなどを隠してくれますので、非常に人気が高くなっているのです。また、リキッドタイプとパウダータイプの良いところを合わせ持ったファンデーションです。そのため肌への馴染みも良く、化粧崩れを起こしにくいのも人気の理由の一つでしょう。「長時間付けていても気にならない」といった声が多いのです。クッションファンデーションは韓国から広まったと言われていますが、近年ではそうした人気から日本でも簡単に手に入れられるようになっています。ネットなどからも手に入れられるといった手軽さも、人気を高めている要因と言えるでしょう。